子犬 ドッグフード 選び方

子犬にはどんなドッグフードを与えればいいの?

可愛い子犬

 

我が家に可愛い子犬のワンちゃんがやってきました。

 

初めてワンちゃんを飼うということでウキウキワクワクしていると思いますが、一緒に生活していく中で子犬のワンちゃんにはどんなドッグフードを与えればいいのでしょうか。選ぶときに体に良いのはもちろん、美味しくてたくさん食べてくれるドッグフードを選んであげたいものですよね!

 

そこで子犬用ドッグフードの選び方について詳しくご紹介したいと思います。安全性や食いつきに関しても一緒にチェックしていきましょう。

子犬用ドッグフードの選び方を教えて?

子犬を家族として迎え入れた時に、一番最初に悩むのが子犬にどんなドッグフードを与えるかだと思います。

 

ホームセンターなどに行くと、子犬用のドッグフードが数多く並べられており、どのドッグフードを与えていいか飼い主さんは迷ってしまうはずです。

 

子犬のドッグフードを選ぶ時にはいくつかのポイント>があります。

 

子犬用ドッグフードを選ぶポイント!
  • 動物性のタンパク質を含む物(肉がメイン)
  • 添加物が少ない物

 

もちろん価格の面も大切ですが、大切な家族である子犬のドッグフードなので価格にとらわれ過ぎてしまわない方がいいです。

 

人間も同じですが、健康な身体を作るためには食事に気を付けることが大切です。
犬も同じで、とくに子犬はまだ抵抗力が弱いのでドッグフードは何を与えるか、とても大切です。犬は元々、肉食動物ですから肉がメインになっているドッグフードが良くとくに子犬は、これから身体が成長して行くので動物性のたんぱく質は欠かせません。

 

そのため、肉がメインになっている物を選びその他に配合されている物に、とうもろこしや小麦粉などが配合されていない物を選ぶことです。

 

犬は肉食なので、穀物類が苦手で穀物類が入っているドッグフードを与えると上手く消化出来ずに消化不良などを起こしてしまいます。価格が安いドッグフードほど、かさ増しのために穀物類が含まれているのでドッグフードを購入する時には、穀物が含まれていないかの確認が必要です。

 

また、添加物なども、人間も同じですが身体には良くないので出来るだけ添加物が含まれていない国産無添加のドッグフードを選んであげて下さい。

 

安価なドッグフードと比べると国産無添加の物は少し値が張ってしまいますが可愛い愛犬の為に、多少無理して欲しいところだと思います。

子犬用ドッグフードの安全性と食いつきについて教えて?

子犬用のドッグフードを購入する時に、含まれている成分の安全性はとても大切です。

 

添加物が多く含まれているドッグフードを長期的に与えていると、子犬の毛並みが悪くなったり身体の不調が起きてしまうこともあります。飼い主さんからすれば、ドッグフードを選ぶ時につい価格に目がいってしまいがちですが、子犬の健康を考えれば安全性の高いドッグフードを選んであげることが大事です。

 

また、ドッグフードの食いつきも選ぶ時の大切なポイントで、いくら安全なドッグフードを与えても子犬がそのドッグフードを食べてくれなければ意味がありません。

 

最近では、ネットなどで調べれば食いつきの良い子犬用ドッグフードの口コミなどを調べることが出来ます。
ネットでどのドッグフードが、犬の食いつきがいいのかを調べてからその中から子犬のドッグフードを選んであげるのも一つの選び方ですね。

 

ただし、あまり口コミに頼り過ぎても食いつきは犬の好みなので、どの犬でも同じではありません。

 

もし食いつきがいいと評判のドッグフードを与えてみて、自分の子犬があまり食べてくれない場合には変えてあげて下さい。子犬の時期は、出来るだけ、良質な動物性たんぱく質を取ることが大切なのでしっかりと考えて安全で食いつきの良いドッグフードを与えてあげることです。

 

食いつきが悪く栄養分が不足してしまうと、子犬の成長を妨げてしまったり毛並みが悪くなったりしますので、気を付けてください。

 

食いつきに関してはワンちゃんそれぞれの嗜好もありますし、何個か試して愛犬の嗜好に合う物を地道に見つけるしか方法はないんですけどね。販売されているドッグフードの中にはワンちゃんの嗜好に合ったものを探せるように少量のお試しドッグフードを販売している会社もあるのでそういうのを活用するのもひとつの手ですよ。

 

page top